MENU

農業公社について

事業内容

農地利用集積事業

分散した農地の集約化を図り、規模拡大による経営の効率化を目指す地域の担い手農家等へ農地を集積するため、高齢化等により規模を縮小したい農家などの農地を、地域の担い手農家や農業生産法人等へ貸し付けを行う事業です。
(公社は、須賀川市長の承認を受けた「農地利用集積円滑化団体」です。)

農地利用集積事業イメージ

耕作放棄地対策事業

耕作放棄地になった農地について、再生・利用に取り組む事業です。
資源循環型地域づくりとして、須賀川市が推進している菜の花プロジェクトと連携してナタネ栽培を行っています。
また、耕作放棄地は利用可能な農地に再生したのち、担い手農家へ耕作権を引き渡すことが本来の目的であるので、農地としての機能を維持するため、公社ではにんにくなどの作物の栽培を行っています。
なたねはナタネ油へ加工製造委託し、学校給食へ利用されているほか、にんにくは他県へのPR販売や、耕作放棄地を会場とした市民栽培講習会(にんにく市民農園)などに利用しています。

農作業受託事業

国の転作推進制度である経営所得安定対策によって転作を行う農家を支援するため、大豆、そば、ナタネ栽培等の作業を受託します。作業を受託して生産した転作作物は、公社が買取りまでを行うことにより、担い手農家の経営を支援します。
生産した転作作物は、地産地消推進のため地元農産物直売所等で販売するほか、地方での物販イベントの際に須賀川市のPRに活用するなど、廉価で販売します。なお、大豆については、良質な天然醸造無添加生味噌として製造販売しています。

農作業機械貸出事業

公社が保有する農業機械類を、農家や一般市民の方に貸し出す事業です。
コンバインは、ナタネ、大豆、そばの刈取りに使用する汎用型で、豆類の種まきに使用するシーダーとともに、水田転作の促進を図ることで担い手農家の支援となる事業です。
樹木の粉砕機は剪定枝をチップにするための機械であり、農家の利用だけでなく、一般家庭の庭木の剪定枝の処理にも利用を呼びかけることで、資源循環型の環境整備に寄与しております。

お問い合わせ先

公益財団法人 須賀川市農業公社

〒962-0392 福島県須賀川市柱田字中地前22

TEL.0248-65-3659  電話をかける
FAX.0248-65-2190

アクセス

須賀川農業公社オンラインショップ

ページ最上部へ