MENU

農業公社について

事業内容

農地利用集積事業

分散した農地の集約化を図り、規模拡大による経営の効率化を目指す地域の担い手農家等へ農地を集積するため、高齢化等により規模を縮小したい農家などの農地を、地域の担い手農家や農業生産法人等へ貸し付けを行う事業です。
公社は、須賀川市長の承認を受けた「農地利用集積円滑化団体」として令和元年度以前に契約した貸借について管理しており、2年度以降の新規または更新の貸借については農地バンクが管理しています。

農地利用集積事業イメージ

耕作放棄地対策事業

耕作放棄地になった農地について、生・利用に取り組む事業を行っています。
耕作放棄地は利用可能な農地として再生したのち、担い手農家へ耕作権を引き渡すことが本来の目的であるので、ナタネや大豆などの作物の栽培を行いながら、肥料を散布したり、草刈りなどをしたりして、農地としての機能を維持していきます。
ナタネはナタネ油として加工(製造委託)し、食育の一環として学校給食などに利用されています。大豆は無添加生味噌や豆菓子などに加工し販売するなどして、その収益を農地の耕作経費に充てています。
また、耕作放棄地において、にんにくを栽培する市民体験農園を開催しています。
高齢化などで農作業を継続できない方や、兼業の仕事が忙しく、定年まで農作業ができない方などがおりましたら、農業公社へご相談ください。

農作業受託事業

国の転作推進制度である経営所得安定対策によって転作を行う農家を支援するため、大豆、そば、ナタネ栽培等の作業を受託します。作業を受託して生産した転作作物は、公社が買取りまでを行うことにより、担い手農家の経営を支援します。
生産した転作作物は、地産地消推進のため地元農産物直売所等で販売するほか、地方での物販イベントの際に須賀川市のPRに活用するなど、廉価で販売します。なお、大豆については、良質な天然醸造無添加生味噌として製造販売しています。

農作業機械貸出事業

公社が保有する農業機械類を、農家や一般市民の方に貸し出す事業です。
コンバインは、ナタネ、大豆、そばの刈取りに使用する汎用型で、豆類の種まきに使用するシーダーとともに、水田転作の促進を図ることで担い手農家の支援となる事業です。
樹木の粉砕機は剪定枝をチップにするための機械であり、農家の利用だけでなく、一般家庭の庭木の剪定枝の処理にも利用を呼びかけることで、資源循環型の環境整備に寄与しております。

公益財団法人須賀川市農業公社環境保全行動指針について

制定 令和2年4月1日

須賀川市は、平成30年3月に、須賀川市内全域を対象とした第3次須賀川市環境基本計画を策定し、望ましい環境共生社会の実現に向け、環境の保全に関する施策の総合的かつ計画的な推進に取り組んでいるところである。
公益財団法人須賀川市農業公社においても、地域農業の持続的発展と住民の豊かで健康な暮らしに寄与することを定款の目的として、事業活動を鋭意展開しているところであり、とりわけ、農業資源の根幹となる森林資源の保全は、温室効果ガスの削減に資し、自然災害の抑止の観点から喫緊の課題となっているところであることから、公社が今後、日常業務において取り組むべき行動指針を制定する。

1.電気使用量の削減

⑴照明の適切な使用

始業前、昼休みには、業務に必要な場合を除き消灯する。執務室の照明は、市民対応や業務実施上必要な場合を除き、執務時間の開始10分前までは点灯せず、執務時間の終了10分後には消灯する。

⑵空調・照明に関する取組

ア 不必要な空調、冷暖房機器は使用しないようにする。

イ 夏季にはブラインドなどにより日射をさえぎり、冬季には自然光を積極的に取り入れる。

ウ “COOL BIZ(クールビズ)”や“WARM BIZ(ウォームビズ)”等、時期に合わせた服装にする。

エ 空調使用時は、空調室内機の吹き出し口付近に空気の流れを遮断するような障害物をおかないようにする。

オ 空調使用時は換気扇の使用を控え、扉や窓を確実に閉める。

カ 断続的に使用する部屋(会議室等)の空調は、電源をこまめに切る。

⑶事務機器の適正な使用

ア パソコン・プリンター等のOA機器には、省電力モード等を積極的に活用するとともに、昼休み等で活用しない場合は電源を切る。

イ 退庁時には、使用電力の使用削減を図るため、パソコン及びプリンターの電源をコンセントから抜く。

2.社用車に関する取組

⑴車の利用にあたっては、環境負荷の少ない運転方法(エコドライブ)を心掛けるとともに、緩やかな発進、加減速の少ない運転、アイドリングストップなど、エコドライブを心掛ける。

⑵必要最低限の荷物を積むようにする。

⑶目的地や走行経路の渋滞状況を勘案し、合理的な走行ルートの選択に努める。

⑷業務等で同一方向に移動する場合は、相乗りなどにより社用車の効率的利用を図る。

⑸荷物の積み降ろし等で社用車を降りる際はエンジンを切る。

⑹エアコンの使用は控えめにし、使用する際には適正温度となるようこまめに調節する。

⑺給油時等にオイル交換、フィルター類交換、灯火類の点灯確認など、社用車のメンテナンスや運行前点検を行う。

3.温室効果ガスの削減に関する取組

⑴資源の効率的使用

ア 用紙類の合理的使用

(ア)会議資料、事務資料等は、要点を押さえて簡略化し、配布枚数を削減する。

(イ)公社LANの文書ファイル機能、電子メール等を活用し、可能な限り紙や印刷物の作成及び配布を廃止・削減する。

(ウ)ファクシミリ等で文書を送信する場合は、宛先を余白に記入するなど、可能な限り送信表を省略する。

(エ)公社個人情報保護規程(平成26年4月1日施行)を遵守するとともに、決裁等の内部文書においては、個人情報等が記されていない裏面再利用紙を可能な限り使用する。

(オ)定例的又は簡易な稟議は、余白処理によるものとする。

4.その他

この行動指針の運用において必要とする事項については、適宜修正していくものとする。

お問い合わせ先

公益財団法人 須賀川市農業公社

〒962-0392 福島県須賀川市柱田字中地前22

TEL.0248-65-3659  電話をかける
FAX.0248-65-2190

アクセス

須賀川農業公社オンラインショップ【Yahoo】 須賀川農業公社オンラインショップ【STORES】

ページ最上部へ